BS室内アンテナとは、一般的な

BS室内アンテナとは、一般的な屋外用のBSパラボラアンテナを、室内でも使えるように開発されたパラボラアンテナのことです。屋外設置タイプもそうですが、急速なデジタル化への変化に伴い、室内設置用のBSパラボラアンテナもデジタル用が普及しています。このBS室内アンテナは、設置が簡単で配線も簡単にできるところが大きな魅力です。業者に頼むこともなく、自分でできるから工事費が発生しません。ほとんどのデジタル対応のBSアンテナは110度CS放送にも対応しているので、スカパー契約をすれば専門チャンネルを観ることもできます。けれど、BS室内アンテナは、直接衛星の電波が拾える南西の方角の窓際で、空が見通せる場所に設置が必要です。建物の構造上や、立地条件上で、午後2時頃の太陽の日差しが入って来るところがなければ設置できません。また、衛星放送は指向性が非常に高いため、本体が少しでも動いたら受信できなくなります。BS室内アンテナを導入する目的の1つに、NHKの衛星契約逃れというのがあります。外からパラボラアンテナが見えないから、NHKの調査員にばれないということです。しかし、この目的は間違っていて、衛星放送を視聴するには衛星契約は必要と心得る必要があります。


RSS関連リンク
オグシオ快勝発進!2000人熱視線…バドミントン
裏などに密着したテレ東系の特集番組「北京へ!オグシオの挑戦!(仮)」(24日・後1時)の放送も決定。昨年、NHKのBS放送で特集を組まれたが、11月には人気番組「トップランナー」に出演する予定で、同局地上波初登場だ。

ケーブルテレビというのは、電波を使
ようになるようです。では、ケーブルテレビではどういった番組がみれるのでしょう?ケーブルテレビでは一般放送のほかにも、映画やスポーツ、音楽、ニュースなど多彩な専門チャンネルや、BS放送やスカイパーフェクTVなどのチャンネル、さらに地域密着番組も見ることができます。ケーブルテレビを見るちょっとした裏

オグシオ快勝発進!2000人熱視線…バドミントン
裏などに密着したテレ東系の特集番組「北京へ!オグシオの挑戦!(仮)」(24日・後1時)の放送も決定。昨年、NHKのBS放送で特集を組まれたが、11月には人気番組「トップランナー」に出演する予定で、同局地上波初登場だ。

BS室内アンテナとは、BS放送

BS室内アンテナとは、BS放送を観るためのパラボラアンテナで、室内で使えるアンテナのことです。テレビのデジタル化に伴い、デジタル対応のBSアンテナが増えています。通常BSアンテナといえば、屋外設置のパラボラですが、最近では室内用のパラボラも増えています。そのBS室内アンテナの魅力は、なんといっても安全で簡単設置できるところにあります。屋外設置の場合の一番の難点は、室内に同軸ケーブルを入れ込まなければいけないところです。室内アンテナの場合では、組み立てて配線をして、方向を合わせて終わりです。けれど、BS室内アンテナは、直接衛星の電波が拾える南西の方角の窓際で、空が見通せる場所に設置が必要です。建物の構造上や、立地条件上で、午後2時頃の太陽の日差しが入って来るところがなければ設置できません。また、衛星放送は指向性が非常に高いため、本体が少しでも動いたら受信できなくなります。BS室内アンテナを導入する目的の1つに、NHKの衛星契約逃れというのがあります。外からパラボラアンテナが見えないから、NHKの調査員にばれないということです。しかし、この目的は間違っていて、衛星放送を視聴するには衛星契約は必要と心得る必要があります。


RSS関連リンク
ケーブルテレビ(CATV)の事
視聴できるのかというと、一般に放送されている民放や様々な専門チャンネル(映画、音楽、スポーツ、ニュースなど)が見ることが可能です。他にもBS放送、CS放送の各社専用アンテナ・専用チューナーがなくても、有料のBS放送、CS放送も見ることが出来ます。ケーブル

ケーブルテレビ(CATV)の記事です。
視聴できるのかというと、一般に放送されている民放や様々な専門チャンネル(映画、音楽、スポーツ、ニュースなど)が見ることが可能です。他にもBS放送、CS放送の各社専用アンテナ・専用チューナーがなくても、有料のBS放送、CS放送も見ることが出来ます。最後

立川談志を生で聴く
NHK・BS放送で立川談志を取り上げたドキュメンタリー番組を見て、談志の落語を生で聴きたくなりました。独演会のスケジュールを調べると、発売と同時に直ぐに完売になってるという状況でした。ようやく予約が取れたのが「かめありりリオホール」での独演会でした。(
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。