BS室内アンテナとは、文字通り

BS室内アンテナとは、文字通りBSパラボラアンテナの室内設置用のアンテナです。一般的には、BSパラボラアンテナはベランダとか屋根上とかの屋外に設置しますが、置くだけで衛星放送を観ることができる室内用も最近では増えています。アナログタイプとデジタル対応タイプとがあります。そして、BS室内アンテナは、賃貸物件とかに住んでいて、屋外用のパラボラアンテナを取り付け禁止されているような方にはぴったりです。一定の条件はあるものの、置いて配線するだけでBS放送や110度CS放送を視聴できるわけですから。ケーブルテレビ未対応地区の方にとっては、魅力的な逸品です。これだけ便利なBS室内アンテナでも、弱点があります。建物の構造上、南西方向に窓がない場合です。衛星放送電波は、地上波に比べて微弱ですから、壁を貫通してまで電波は入って来ないからです。ガラスとかカーテンが精一杯ですから、BS室内アンテナを設置できない場合があります。BS室内アンテナを導入する目的の1つに、NHKの衛星契約逃れというのがあります。外からパラボラアンテナが見えないから、NHKの調査員にばれないということです。しかし、この目的は間違っていて、衛星放送を視聴するには衛星契約は必要と心得る必要があります。


RSS関連リンク
オブジェ型の室内用地デジ受信アンテナ「US100A」(DXアンテナ製)
この地デジ用室内アンテナ「US100A」の本体内には、クロスループエレメントのUHFアンテナを収納していて、室内アンテナ本体の向きを変えなくとも、4段階のスライドスイッチを調節することで、受信状態を改善することができるとのことです。 ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。